Top > Col > ModMakeTools

MOD作成ツール Edit

Tab切りテキスト編集ソフト Edit

AFJ SHEET EDIT Edit

  • フリーソフト
  • Bahamut Tearにて日本語化パッチ配布中
  • ちょっと動作にクセがある
    • アンドゥで思わぬところがアンドゥされる場合あり。特にセル内の編集をキャンセルしようとして、画面外で思わぬ部分の編集がキャンセルされたりする。
    • 同じファイルを複数回開いてもチェックしてくれないので、編集済みファイルを未編集のファイルで上書きしてしまうおそれがある。

MS Excel Edit

  • 二重引用符を勝手に取ったり、Diablo IIの内部コードを式と誤認識してデータを壊す場合あり。
  • 原則としては上記のAFJ SHEET EDITを使った方がよい。

テキストエディタ Edit

  • 基本的にはテキストの編集はAFJ Sheet Editで行うが、行の順番の並べ替えや一括置換などAFJ Sheet Editでは手間がかかる機能は、ある程度の機能を持ったテキストエディタを併用するとよい。
  • あると便利な機能
    • 正規表現を使った検索・置換・grep
    • マクロ機能
    • Unicode(UTF-8)の読み込み
    • ブロック編集機能
    • diff(差分管理)

※MS Excelで編集すると高確率で不具合を起こすのは「MonStats.txt、MonStats2.txt、AnimData.txt(抽出したtxtデータ)、skill.txt」の4つです。これは、データの中に@や+−などのExcelでは数式として認識される文字が含まれるからであり、逆を言えばこれらが存在しないデータ(アイテム関係では不具合が起きませんでした)であれば十分に編集可能です。ちなみに、確認した不具合としては「街中を含み自身のキャラしか動くものが出現しない」「ベルトの中のポーションが飲めない」「追加したモンスターの姿のみが消える」などがあります。ゲームは開始できるけれどなぜかおかしいという場合は、このExcelの余計な親切(数式と自動認識して勝手に計算する)を疑ってみてください。

.tblファイル編集用 Edit

AFJ TBL EDIT Edit

画像編集用 Edit

DC6変換 Edit

  • DC6とは、Diablo II内で使用される特殊な画像フォーマット。256色画像。

DC6 Creator Edit

  • DC6ファイルとBMPなどの一般的なフォーマットの相互変換を行う。

画像処理 Edit

  • 256色画像のカスタムパレットが読める機能が必要。

Photoshop Edit

  • 大抵はこれと先のDC6 Creatorで事足りる。
  • 手順としてはゲームに登場させたい画像をPhotoshopで読み込み、一度RGBカラーに変換してからゲームで使えるよう背景を消したりサイズを変更したりする。その後、もう一度画像をインデックスカラーに変更し、PCXの拡張子で保存すれば、後はDC6 CreatorでDC6ファイルに変換するだけ。
  • 画像の編集をする際の注意点としては、画面では分かり難い1ドット単位の“ゴミ”の存在。非常に薄い灰色などがアイテム以外の部分に残ってしまうと、それがゲーム内で見えてしまう場合がある。画面の調子によっては虹色の光点になって非常に見苦しくなる場合あり。
  • これは、ゲームそのものに悪影響はないが、気にする人は実装後にアイテムをドロップして持ち上げ、スタッシュ内の他のアイテム(カイトシールドなどの色の明くはっきりした発色の物が理想)の上を動かしてゴミの存在を確認しましょう。
  • なお、真黒(R0,G0,B0)のカラーデータを持つ箇所は、ゲーム内では透明として扱われてインベントリー内などで透けます。

Paintshop Edit

アニメーション編集用 Edit

マップ編集用 Edit


リロード   編集 凍結 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 09 Mar 2013 07:46:20 JST (1781d)