Top > PM > MS > PlugY

PlugYをD2Mod System経由で導入する方法 Edit

PlugYとD2Mod Systemは
どちらもPlugY.dll及びD2mod.dllを読み込むために
D2gfx.dllというファイルを使っています。

そのため、両方のインストーラーを使おうとした場合
競合を起こしてしまって後にインストールしようとしたプラグインが動作しません。

このプラグインマニュアルではその問題を解決するための
D2Mod SystemからPlugY The Survival Kit v5.06を導入する方法を紹介しましょう。

目次 Edit

インストール Edit

D2Mod System v1.02が既にインストールされていることを前提とします。

PlugY, The Survival Kit v5.06

  • 最新のPlugYを使わないのは、
    LOD1.10で使う限りPlugYv5.06と7.01bに機能的差は無く
    また、PlugYv5.06の方が安定しているからです。

解凍して中のPlugY.dllとPlugY.iniを
あなたのMODフォルダにコピーしてください。

D2Mod.iniを開いてください。

[D2Mod]セクションに
PlugY = PlugY.dll
と追加して保存、閉じてください。

このままMod Launch Script等で起動すれば
画面右下に PlugY v5.06
画面左下に D2Mod System 1.02
と表示されているはずです。

その他色々な補足 Edit

PlugYフォルダについて Edit

もし、DiabloIIフォルダの直下及びあなたのMODフォルダの両方に
ボタン等の画像の入ったPlugYフォルダが無ければゲーム作成時にエラーが出ます。

少しでも軽くしたいのでなければ
PlugYフォルダもMODフォルダの中に同梱しておくほうが良いのかもしれません。

statsinterface.txtについて Edit

PllugYフォルダの中に入っているstatsinterface.txtについてですが
MODフォルダ直下のPlugYフォルダのものを優先し
なければDiabloIIフォルダ直下のものを参照しています。

もしあなたが新しいステータスを作ったりして
その数値をユーザーがPlugYのステータス画面で見れるような状態にしたいなら
そのステータスを見れるようにしたstatsinterface.txtを
MODフォルダの中のPlugYフォルダの中に入れておくだけでOKです。

DiabloIIフォルダにもPlugYがあるなら、
MODフォルダの中のPlugYフォルダはテキストだけでかまいません

コメント Edit

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメントはありません。 Comme/PM_PlugY


リロード   編集 凍結 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 09 Mar 2013 07:46:35 JST (1781d)