Top > Tut > UM > SumSkilSkel

スキルを使う配下を召喚−スケルトンにバッシュ Edit

スキルを使う配下を召喚してみましょう。

今回は近接攻撃用のバッシュを使いますが
アーチャーを作る要領で遠距離からスキルを使わせる事が可能です。

今回必須のソフトウェアは
エクセル(AFJ Sheet等)です。

使うテキストは
monstats.txt
skills.txt
の2つになります。

召喚用のモンスター(バッシュスケルトン)を作る Edit

monstats.txtを開いてください。
1.11の場合、モンスター系統の注意点に目を通してください

最下行に一行追加し、necroskeletonの行をコピーして
先ほど新たに作った行に貼り付けてください。

新しい行はとりあえず

Id  :使われてないもの(necrobash)
hcIdx:使われて無い数字(735等)

aip1  :15
aip1(N) :15
aip1(H) :15
aip2  :40
aip2(N) :40
aip2(H) :40
aip3  :50
aip3(N) :50
aip3(H) :50
aip4  :0
aip4(N) :0
aip4(H) :0

としておきましょう。
(これはDruidBearで使っていた数値です)

AIがDruidBearになっていると

aip1は通常攻撃
aip2はスキル
aip3は索敵や移動等

の使う頻度?のようです。
通常攻撃をさせたくない時はaip1の値を 0 にしてあげましょう。
(詳しくはわかりませんorz)

そして、

Skill1 :bash
Sk1mode:seq_bearsmite
sk1lvl :1

と記述しましょう。

これでスキルを使ってくれるハズです。

☆オマケ☆ モーションについて Edit

この状態では動作はA1固定です。

ですがsk1modeをS1等にすると動作がおかしなことになってしまいます。

そこでmonseq.txtを開いて
seq_bearsmiteとIDの付いた行をすべてコピーして
最下行に20行弱追加して貼り付けて

sequence:seq_summonS1等に
mode :S1等

に変更してやり
monstats.txtでsk1modeを先ほど作ったシークエンスを指定してあげましょう。

これでモーションを変更することができます。


リロード   編集 凍結 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 09 Mar 2013 07:46:57 JST (1744d)